Posted on 2021年8月14日2022年6月18日Categories 邪教の恐怖   Leave a comment on 時間が何時か考えろ!!夜遅くにいきなり現れる学会員の家庭訪問に大迷惑!!

時間が何時か考えろ!!夜遅くにいきなり現れる学会員の家庭訪問に大迷惑!!

↑上記の画像のようにお断りの張り紙を貼っていても現れるのが罵詈活であり、奴等には日本語が全く通じない。 学会員の家庭訪問に不快感たっぷりな人は、けっして少数であるまい。 仕事が早く終わったから、家でのんびりしたいと思って … Continue reading “時間が何時か考えろ!!夜遅くにいきなり現れる学会員の家庭訪問に大迷惑!!”

Posted on 2021年8月12日2022年6月17日Categories 邪教の恐怖   Leave a comment on 酷使されて体力の限界 創価学会の活動は寿命が縮む 男子部不健康説

酷使されて体力の限界 創価学会の活動は寿命が縮む 男子部不健康説

創価学会の召使い・男子部員は毎日が無理難題との戦いである。 宗教団体の活動で命を削らねばならないのは不条理な話だ。 本記事では創価学会の男子部員がこき使われて死にそうになっていることについて述べたいと思う。 ★毎日、夜遅 … Continue reading “酷使されて体力の限界 創価学会の活動は寿命が縮む 男子部不健康説”

Posted on 2021年8月10日2022年6月17日Categories 邪教の恐怖   Leave a comment on 朝っぱら死ぬほどこき使われて疲労困憊 創価学会屈指の奴隷労働 無冠の友

朝っぱら死ぬほどこき使われて疲労困憊 創価学会屈指の奴隷労働 無冠の友

毎日、朝早くから池田の奴隷としてこき使われる者たちがいる。 聖教新聞配達員である。 これは婦人部員がただ働き同然の扱いで酷使され、死ぬほどハードな労働だという。 ★無冠の友 この配達員は「無冠の友」と呼ばれ、誰にも褒めら … Continue reading “朝っぱら死ぬほどこき使われて疲労困憊 創価学会屈指の奴隷労働 無冠の友”

Posted on 2021年8月9日2022年6月17日Categories 邪教の恐怖   Leave a comment on 不幸のはじまり&人から馬鹿にされる原因 生まれた瞬間、創価学会に入会させられる

不幸のはじまり&人から馬鹿にされる原因 生まれた瞬間、創価学会に入会させられる

生まれたと同時に勝手に創価学会に入会させられ、人知れず悩んできた二世、三世は多いという。 俺も三世で誕生と同時に入会せられた者である。 こちらがまだ言葉を話せないのをいいことに無茶苦茶な話だ。 本記事は創価学会員の子供が … Continue reading “不幸のはじまり&人から馬鹿にされる原因 生まれた瞬間、創価学会に入会させられる”

Posted on 2021年8月8日2022年6月17日Categories 邪教の恐怖   Leave a comment on 断る権利を無視される 創価学会の男子部員は有無を言わさず奴隷扱い

断る権利を無視される 創価学会の男子部員は有無を言わさず奴隷扱い

学会の男子部の活動をしていると、何かにつけて「これは男子部にやってもらおうか」といわれることがある。 この言葉を言われる度に、ただでさえ忙しい時に、やらねばならないことが増えてうんざりした人は数知れず。 もし、嫌だと言お … Continue reading “断る権利を無視される 創価学会の男子部員は有無を言わさず奴隷扱い”