金の亡者と化した宗教ビジネス・創価学会と 社長会の関係が発覚!!

本記事で紹介するのは創価学会の外郭企業の社長らとの会合(社長会)で語った池田会長の貴重な記録集である。

それに関する情報を入手したので、この場で公表したいと思う。

社長会は昭和42年6月25日の第1回から47年6月15日までの61回開催されている。

これは学会外郭企業の社長らに対する池田会長の指南記録とのことだ。

金儲け話に終始する池田大作の実像が記録されている。

記録内容の詳細は以下のとおりだ。

社長会記録の真偽についてだが、昭和54年9月、松本勝彌の手で「池田大作言行録」(泉文社刊)として出たが、学会は、記録者、木村靖(東洋物産社長)名義で、すぐさま裁判所に出版差止 めを申請し、公刊を妨害した。

つぎに、昭和54年12月に、下山正行が著書「私は創価学会の『スパイ』だった」(晩声社刊)の中に本記録の一部を収録した ことで、学会側はこれまた出版差止めにしてしまったのである。

いずれの事件も裁判でその是非が争われ、学会(木村)は著作権侵害を主張したが、奇妙なことに前者は「和解」、後者は学会側が一方的に訴訟を取り下げ、事件の決着を見ずに終わってしまった。

学会は何を取り違えたか著作権法違反として東京地裁に告訴したため、本物であることが証明された。

金儲け話に終始する池田会長高級料亭などで開催された社長会では、池田大作の金儲け話が相次いだ。

「1億7000万、よし買おう。そこにある森林を製紙会社に売ると5000万になる。 」(第10回)

「(念珠を)一手に買い取り、卸せば良い。もう内の人達が使うもので、外郭に儲けさせることはない。線香もローソクも東洋精光でやんなさい。正本堂のみやげものも作れ、とにかく作るものは全部東洋にやらせる」(第24回)

「正本堂関係の記念品、1人200円としても18億だ」(第35回)

「一連50円の儲けとしても、10年間に1000万本としても5億だ。年間5000万だ、大きいよ」(第29回)

「北海道 絵葉書6万枚売った。うまいことをした。来年は栞(しおり)を5枚1組で50円位で売る」(第47回)

「本山の全T・V報告。東洋にやらせようね。いいね。どれほど儲かる。10%かそれでは少ない、15%儲けなさい。かまわないよ」(第53回) 

なんということであろうか。

欲の権化と化しているだけでなく、日蓮大聖人の仏法と全く関係ないことを行っているではないか。

巨大宗教の長の立場を利用して利益獲得に奔走し、広宣流布と無縁の私利私欲のことしか考えていない者が「桂冠詩人」だの「世界の指導者」だのと名乗るなど笑い話にもならない。

そのようにして儲けた金で宮殿のような文化会館を乱立し、名誉教授の称号を獲得するのは狂気の沙汰である。

罵詈活どもよ、これでもまだ学会に従うのか?

貴様等に正義はない。

今すぐ脱会し、人類の敵・創価学会と戦うのだ!!

閑話休題。マイドールをGETしよう。詳しくは↓こちらをクリック。

https://www.dragon-illusion.com/%e5%b7%a3%e3%81%94%e3%82%82%e3%82%8a%e3%82%92%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%80%e3%80%80%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%92%ef%bd%87%ef%bd%85%ef%bd%94%e3%81%9b%e3%82%88%ef%bc%81%ef%bc%81/

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
GREE にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。