創価学会員の苦悩 行きたくもない都議選応援に無理矢理駆り出される

東京都議選の支援の度にこき使われるのも学会員の宿命だ。

東京に知り合いがいる者がその人に会いに行って投票依頼をするわけだが、ここで非道な問題が発生する。

知り合いがいなくても連れて行かれるのである。「いないから行かない」と言って断っているにもかかわらず、例のごとく「先生のためだ」の一言で有無を言わさず連れ出される。

挙句の果てには学会本部にまで連れて行かれ、池田宛の手紙を書かされる、という有様である。

行く気がない人にとっては苦痛であり、退屈で無駄な時間を過ごすことになる羽目に陥るのだ。

その一方で、罵詈活どもはというと、やれ「東京まで床屋に行ってくる」だの「東京のコンビニ店員に頼もう」などと軽いノリで馬鹿げたことを言っている。

奴等は「時は金なり」を知らん愚か者であり、そんなことをしても疲れるだけだ、ということを理解していない。否、理解できるだけの知能がない。

学会員は低学歴で読書の習慣がなく、ほとんどが元ヤンキーであるため、学ぶことの大切さを知らないまま、体だけが大人になってしまった奴等の集団なのである。

その程度のことに気付かない情けなさを幹部に指摘したことがあったが、「学会は貧乏人と病人の集まりだ」などと開き直ったので、何の解決にもならなかった。

おそらく、東京に学会本部があるため、負けることができないというのが強制連れ出しの本音であろう。

行きたくない人の人権を踏みにじってまで勝とうとするとはふざけた話である。

奴等の好きな「大勝利」もここまでくると、狂気の域に達しているといっても過言ではない。

学会員の狂信はかくも凄まじいものがあったのである。

閑話休題。エロ動画も見るのだ。詳しくは↓こちらをクリック。

https://www.dragon-illusion.com/%e6%ac%b2%e6%9c%9b%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%be%e3%81%ab%e4%b9%b1%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%8f%e3%82%8b%e6%a5%b5%e6%a5%bd%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%80%80%e6%b7%ab%e4%b9%b1%e3%81%8a%e5%a7%89%e3%81%95%e3%82%93/

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
GREE にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。