脱会者が野垂れ死ぬまで攻め抜く攻撃性にサイヤ人もびっくり!!戦闘民族・創価学会

聖教新聞の寸鉄で有名なフレーズに「青年よ、仏敵を打ち砕け。学会迫害の悪人は厳罰で野たれ死ぬまで攻め抜け」というものがある。

創価学会は罵詈活のバーゲンセールであり、戦闘的な思考によって運営されている。

脱会した人に対して、上記のような過激なフレーズの下に容赦のない攻撃命令が下され、広宣部員を使った嫌がらせがはじまる。

これではやくざと同じであり、宗教の域を逸脱している。

学会はサイヤ人も真っ青になるほどの戦闘的集団で豪傑揃いの梁山泊(水滸伝)すら震え上がるであろうと思われる怖ろしい集団である。

奴等の会合は戦闘的な言葉が多く、敵対した者を名指しで潰すだの許さんだのと言っている。

こんなことを言う奴等が世界の平和など実現できるだろうか?

どう考えても無理な話だ。

脱会の自由すら認めない奴等が価値観の多様性の時代に通用するはずがなく、その時点で学会の手による平和構築は不可能であろう。

そもそも、野垂れ死ぬまで攻め抜け、などと言っている奴等の教義が世界に広まったら大変なことになる。

この世が地獄と化し、人類が修羅になってしまうではないか。

バイオレンスの世界が現実のものとなり、世界中が恐怖のどん底に陥れられるであろう。

日蓮大聖人の名を利用した世界支配を実現させないようにするためにも全人類が力を合わせて立ち上がらねばならないのだ。

閑話休題。セクシーランジェリーについて詳しくは↓こちらをクリック。

https://www.dragon-illusion.com/%e3%82%bb%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%bc%e5%ba%a6%e5%bc%b7%e5%8c%96%e3%81%a7%e5%a5%b3%e5%ad%90%e5%8a%9b%ef%bd%95%ef%bd%90%ef%bc%81%ef%bc%81%e5%a4%a7%e4%ba%ba%e3%81%ae%e9%ad%85%e5%8a%9b%e3%81%a7%e5%a4%a7/

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
GREE にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。