迷惑行為の精鋭部隊!!婦人部員は学会版のオバタリアン集団だ!! 

強引でやかましいことで知られる婦人部は池田に対する忠誠心も高く、家族より池田を重要視する傾向がある。

これではファンクラブそのもので、宗教の域を超えている。

奴等は「先生のために」とほざいて他人の迷惑を考えない言動を取ることで社会から煙たがられている。

ここでは、何故、婦人部が滅茶苦茶なのかについて述べたいと思う。

★強引な理由①池田の言葉

池田大作の指導は「物語の英雄」のような言葉を用いて行われる。

それに魅了された愚鈍で単純な奴等が婦人部員なのである。

例を挙げると、「悪に対して一歩も引かずに戦え」「追撃の手を緩めるな」「権力の魔性と戦え」といった戦闘的で正義の味方のような言葉である(池田の本当の姿は三国志の董卓と全く同じであり、強欲で権威的ということを後から知ったのだが、それを書くと長くなりすぎるので、ここでは割愛し、別の機会に述べることにする)。

これらの言葉が強大な求心力となり、創価学会を超巨大宗教にのし上がらせたのである。

★強引な理由②学会以外に居場所がない

これは婦人部にかぎらず、学会員全体にいえることなのだが、会社等の一般社会でつまはじきにされている者が多く、学会仲間しか相手にしてくれないため、自らの居場所を守るために、強引な新聞啓蒙(聖教新聞の購読を頼むこと)やしつこい投票依頼をするのである。

このような行動が昭和の時代に一世を風靡したオバタリアンに酷似しているのだ。

★対抗手段紹介

上記の理由①及び②が婦人部の迷惑行為の原因である。

迷惑婆あどもに対抗する方法を考えてみたので、参考にしてほしい。

①迷惑行為防止条例違反であることを伝え、裁判所に訴える、と言う。

学会員、特に婦人部は法律の知識が全くないため、条例違反であることに気付いていない。

奴等とひと悶着あった時は法律を持ち出し、裁判所に訴える、といってやればいいのだ。

②通報する

警察を呼んで大事にしてやるのだ。奴等は退散するはずである。

③SNSで拡散する

あの馬鹿どもの迷惑行為を拡散すれば困るのは創価学会である。

これは効果的だ。

★終わりに

迷惑婆あどもの醜い姿に辟易した人たちよ、このブログを奴等の対処に役立ててほしい。

オバタリアン集団を駆逐するのだ!!

【中古】 創価学会婦人部 最強集票軍団の解剖 / 創価学会問題研究会 / 五月書房 [単行本]【ネコポス発送】

価格:11,797円
(2021/6/27 15:56時点)
感想(0件)

閑話休題。エロ動画も見るのだ。詳しくは↓こちらをクリック。

https://www.dragon-illusion.com/%e6%ac%b2%e6%9c%9b%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%be%e3%81%ab%e4%b9%b1%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%8f%e3%82%8b%e6%a5%b5%e6%a5%bd%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%80%80%e6%b7%ab%e4%b9%b1%e3%81%8a%e5%a7%89%e3%81%95%e3%82%93/

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
GREE にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。