あまりにも達者な口に要注意!!人を舌先三寸で丸め込む創価学会員は口舌の徒

創価学会員の特徴として「口が達者な奴が多い」というものがある。

学会は「ああ言えばこう言う奴の巣窟」で奴等との会話は苦痛以外の何物でもない。

はっきり言って疲れる。

面倒だ。

ただでさえ、頭の良くない奴ばかりだというにもかかわらず、口先だけは一人前なのだから始末に負えない。

奴等(特に幹部)は自分に非があっても絶対に謝らない。

意地でも逃げ切ろうとする。

その程度の人間が「男の生き様」を語る様は失笑ものである。

己の非を追及されると「今から会合がある」とのたまい、一目散に逃げだす小心者が「皆で勇気ある戦いをしよう。逃げてはいけない」などとよく言えたものだ。

なにが「逃げてはいけない」だ。お前が逃げてんだろうが!!と思ったのは俺だけではないはずだ。

こんな人間性でありながら、会合で「幹部指導」なるものをする時は威張りくさって「人生の師匠、池田先生を守ろう」と偉そうなことを口走る不届き者のなんと多いことか。

こういう連中にかぎって自分の子供を活動家にできていなかったり、折伏(しゃくぶく、とよむ。入信させることをいう)をしていなかったりするので話にならない。

頭にきても阿保とは戦うな、という「馬鹿な人間の相手は時間の無駄」であることを解説した本があるようだが、まさに学会員のことではないだろうか。

馬鹿は死なねば直らないというものの、学会員の馬鹿は死んでも直らないくらいひどいのだ。

お里が知れている奴ばかりの集団が創価学会なのだ。

閑話休題。エロ動画も見るのだ。詳しくは↓こちらをクリック。

https://www.dragon-illusion.com/%e6%ac%b2%e6%9c%9b%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%be%e3%81%ab%e4%b9%b1%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%8f%e3%82%8b%e6%a5%b5%e6%a5%bd%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%80%80%e6%b7%ab%e4%b9%b1%e3%81%8a%e5%a7%89%e3%81%95%e3%82%93/

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
GREE にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。