創価学会の隠密部隊・広宣部を語る 悪行の数々はこいつらの仕業だ!!

創価学会には非公然活動の実行部隊として「広宣部」と呼ばれる組織がある。

スパイ映画や忍者のようなことをする奴等が現実の世界にいるのだ。

本記事では広宣部について述べることにする。

★悪行の具体例

反社会行為の例として、盗聴・写真偽造・公務員によるプライバシー侵害・住居不法侵入・尾行・デマの流布・脅し・いたずら電話・車のタイヤやブレーキの破壊・買収・動物の死体や汚物の投げ入れ等が、組織的に古くから行われている。

これらは脱会者や批判者、学会員同士、そしてさしたる理由も無い一般人も対象になっている。

24時間連日にわたり民家を監視するなどの行為も知られている。

1991年日蓮正宗から破門された経緯があり、その後の日蓮正宗への嫌がらせは凄まじいものであった。

こいつらは日蓮正宗の寺院に出入りする人の人数をカウントするという意味不明なことをしており、俺も学会員だった時にこれをやらされた。

あれが何だったのかは未だに理解できない。

★どんな人物が所属するのか

その構成員として男子部の罵詈活が登用される。

広宣部の役割は、創価学会が「仏敵」認定した人々に対する監視や嫌がらせである。

こうした活動に用いるため、広宣部には盗聴器、高性能の赤外線カメラ、火災報知器等 に偽装した盗撮カメラ、指向性スピーカーなどの機材が学会本部から与えられている。

広宣部員の中には、若い女性やカップルの盗撮のために盗撮カメラを悪用する者もいる。

元から反社会行為を目的とした組織なので、彼らの行動には見境がなく、女性学会員も盗撮標的となっている(知り合いの女性の方が興奮する、という広宣部員も多い)。

※広宣部に所属する男性学会員は「学会活動」と称して若い女性を盗撮している。

また、以下のような犯罪行為にも手を染めている。

★通話記録盗難事件

九月十三日に発覚した、創価学会幹部で創価大学の職員・OBらによるNTTドコモからの携帯電話の通信記録の盗み出し事件は、共産党宮本委員長宅盗聴事件に象徴される創価学会の盗聴体質をあらためて浮き彫りにするとともに、そのような盗聴体質がいまもなお、創価学会の組織内で脈々と受け継がれていることを窺わせるものとなった。

事件は、創価大学剣道部監督で八王子地域の創価学会組織の男子部主任部長である田島稔容疑者の男女関係のもつれに起因する色恋沙汰とされているが、通信記録の盗み出しは田島容疑者の元不倫交際の相手だけにとどまらず、創価学会と対立する関係にある人物や団体の周辺にも及んでいるとの情報もある。

田島容疑者の依頼を受けて創価大学の後輩である嘉村英二容疑者に通信記録の盗み出しを指示し、逮捕された創価大学学生課副課長の根津丈伸容疑者は、創価学会の全国副青年部長という要職にあったばかりか、創価学会に対立する人物や団体の情報収集や攻撃に従事する広宣部に所属していた。

そうした立場の根津容疑者が、嘉村容疑者を使嗾して犯した通信記録の盗み出しに、仮に創価学会と対立する関係にある人物や団体の関係者が含まれていたとなれば、これはもう単なる色恋沙汰の事件ではなく、創価学会が対立者の情報を収集するために行った組織的犯罪という様相を帯びてくる。

それだけに事件の全容解明及び事件の背景についての今後の捜査結果が注目される。

それにしても、副青年部長という中枢幹部の立場にあった人物を含む幹部会員が、通信記録を盗み出すという人権侵害甚だしい犯罪を犯したにもかかわらず、創価学会はこの事件ついてなんら言及していない。

★終わりに

陰でこそこそしているのは自分の行いに後ろめたいものがあるからで、広宣部の存在は創価学会が自信のない小心者宗教ということを表している。

そんな特殊部隊をつくるくらいなら、日蓮大聖人の仏法を学んで信心を深め、迷惑行為を改善すべきである。

犯罪邪教・創価学会の魔の手を封じるためには、国を挙げて対抗し、池田の証人喚問を実現するのが最も効果的であろう。

罵詈活どもよ、貴様等の信心でこれを防げるか?

偽本尊に祈っても何の効果もないぞ!!

せいぜい、裏で工作して「信心で勝った」というのが関の山であろう。

そのための広宣部なのだから(そんなもん、信仰心とは言わんぞ)。

閑話休題。学会指導の不条理な点について詳しくは↓こちらをクリック。

https://www.dragon-illusion.com/%e5%a5%b3%e5%ad%90%e9%83%a8%e3%82%92%e5%8f%b1%e3%82%8b%e3%81%aa/

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
GREE にシェア

2 thoughts on “創価学会の隠密部隊・広宣部を語る 悪行の数々はこいつらの仕業だ!!”

  1. 山野恒司 より:

    こんにちは
    私は7年前ぐらいに大阪の市営住宅に住み始めました そこは創価学会ばかりなのです
    突然部屋の中で音の嫌がらせが始まりました この嫌がらせは全て法則性があります
    その後3回市営引っ越ししましたが嫌がらせは続いています 私は仏敵認定されたのですか この嫌がらせはずっと続くのでしょうか 解決策はないですか 現在は民間マンションに住んでいますが ほかの住民のポストに聖教新聞が入っていました もう精神的に限界です

    1. 神龍天舞 より:

      コメントありがとうございます。
      創価学会の関係者と関わったことはありませんか?
      罵詈活と喧嘩、または論破して恨まれたということはありませんか?
      マンションの管理者に相談し、叱ってもらってください。
      直接対決すると、問題が大きくなる恐れがあります。
      それでも解決しない場合、今まで被った被害と管理者に注意依頼したことを記録し、弁護士事務所に向かうのも効果的です。
      引っ越しても同じことが繰り返されるということは末活の学会でしょうか?
      統監表という地区ごとの会員の名簿のようなものがあるので、引っ越し先を親に話すと、親が学会に話してしまうことによって、引っ越し先の統監表に登録されるので、どこにいるかばれてしまいます。
      罵詈活は感情的なので、理論で話すと頭に血が昇ってしまいます。
      言って分かる相手ではないので、警察通報し、公権力の力を借りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。