創価学会に不景気は関係ない!?あまりにも豪華すぎる宮殿みたいな文化会館

街の一角に宮殿さながらの豪華すぎる建築物があり、「なんだ、これは!?」と思ったら、創価学会の文化会館だったというのはよくあることである。

奴等の関連施設(学会版サティアン)はこの不景気に贅沢のかぎりを尽くしており、貧しい会員の財務で中世ヨーロッパの貴族社会の真似事をしている。

本記事は創価学会の豪華すぎる文化会館を特集するものである。

★豪華な会館の数々

以下に創価学会の会館の代表的なものを紹介する。

まずは↓こちらの東京牧口記念会館から紹介。あまりの贅沢さにベルサイユ宮殿もびっくりだ!!

次に紹介するのは↓この総本部である。職業幹部どもの総本山だけにとんでもない威容を誇るつくりになっている。

↓この広宣流布大誓堂は莫大な費用で建てられたという。財務でこんなものをつくるとは正気の沙汰ではない。

↓名古屋市に建てられた中部記念講堂である。名古屋城(写真右)のすぐ側に陣取るとは不敵もいいところだ。尚、この辺りには学会の会館がたくさん存在し、邪教の地となっている。

民音文化センター(左が昼間の画像)。夜になるとライトアップされる。

その状態が右の画像である。

↓創価宝光会館なる物までが存在する。デザインセンスはすばらしいが、宗教団体の建物でこういうことはどうかという気がする。

★終わりに

貴族や武将が農民から取り立てた税金で豪華な城に住んでいたのと同じことをしているのが創価学会である。

学会の会館は社会的には何の役にも立っておらず、存在価値が皆無である。

そうであるにもかかわらず、豪華な造りをしているのはどうかと思う。

創価学会が栄えたところで社会情勢には何の影響もないのだ。

閑話休題。エロ動画に興味のある人は↓こちらをクリック。

https://www.dragon-illusion.com/%e6%ac%b2%e6%9c%9b%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%be%e3%81%ab%e4%b9%b1%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%8f%e3%82%8b%e6%a5%b5%e6%a5%bd%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%80%80%e6%b7%ab%e4%b9%b1%e3%81%8a%e5%a7%89%e3%81%95%e3%82%93/

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
GREE にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。