今どき昭和の考え方は古すぎる 創価学会はダイバーシティーに対応不能!!

価値観の多様化に対処できないのが「創価学会」である。

本記事では創価学会の体質が時代遅れであることについて述べていく。

★幹部の素性に問題がある

学会は昭和の時代の体育会系の組織であり、ヤンキー全盛期の頃に不良だった者や元極道関係者が幹部に任命されている。

そのため、幹部と会員の繋がりが「親分と子分」の関係で成り立っており、これが「会員の人権無視と口汚い罵声によるパワハラ」の要因である。

★自由の排除

池田の指導は絶対、という体質は「組長の命令に従え」というヤクザと同じであり、「嫌だ」と言おうものなら「先生と呼吸が合ってない」だの「信心が足りない」だのと罵られる。

これでは「傲慢な幹部は叩き出せ」という聖教新聞の記事が「聞こえのいいことを言っているだけ」になってしまい、何のために金を払って新聞の購読をしているのか分からなくなってしまう。

まさに金の無駄である。

学会のヤクザ体質は時代遅れである。

奴等はその生き方しか知らない上に、新しい価値観を知ろうともしない。

それ故、時代の流れに順応することができないのだ。

★終わりに

上記で述べたことから学会は老害どもの宗教であり、奴等の大好きな「桜梅桃李」など口先だけのでまかせにすぎないのである。

そんな程度の連中が「学会は世界の宗教だ」とぬかすのは滑稽というものだ。

普段から「黙って言うことを訊け」と言っている了見の狭い奴等が「全世界で認められた器の大きい組織」を名乗るとは何事だ。

己を知らないとは、まさに学会のことではないか。

ダイバーシティーに対応できない者は生き残れない時代が到来するといわれているが、学会員は誰一人として生存できないであろう。

「親分と子分の関係」を変えられないのだから。

閑話休題。エロ動画も見るのだ。詳しくは↓こちらをクリック。

https://www.dragon-illusion.com/%e6%ac%b2%e6%9c%9b%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%be%e3%81%ab%e4%b9%b1%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%8f%e3%82%8b%e6%a5%b5%e6%a5%bd%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%80%80%e6%b7%ab%e4%b9%b1%e3%81%8a%e5%a7%89%e3%81%95%e3%82%93/

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
GREE にシェア